旅館

伊豆熱川 自家源泉 おもてなしの宿 「みはるや 」

社長や女将がいなくても 働くあなたこそが主役

  • 接客/サービス
  • 仲居

熱海から伊豆急行線でのんびり海を見ながら、伊豆熱川駅まで約1時間。
駅から徒歩2,3分のところにあるのが、おもてなしの宿「みはるや」です。
駅近という便利な場所にありながら、源泉の噴湯塔から立ち上がる煙に風情が感じられ、眼下には広大な相模湾を眺めることができます。

運営会社が変わって2年、改装してまだ新しいこの「みはるや」が、一緒に働ける仲間を探していると聞き、現地へ伺いました。

「みはるや」で最初にお話しを聞いたのは、運営会社である(株)三春情報センターに所属する葵 俊亮さん。
月に何度かここを訪れ、自ら制服を着てさまざまなサポートをしているそう。

「この施設には、先頭で仕切る社長や女将がいません。一人ひとりのスタッフの想いやアイデアが創り上げる、働くみんなが主役の宿なんです。」

本社から人が来ると聞くと、普通は売上の数値や今後の方向性など、会議主体になるイメージですが…どうやら、この宿の場合は少し違うよう。

「私たちの会社も国内のヴィラやゲストハウス、海外のコンドミニアムなど、宿泊施設はいくつか運営しているのですが、旅館は未経験でした。だから私も現場に入らないと分からないことがありますし、問題点などあればすぐに話し合って改善するなど、私も含めてみんなで成長している感じです。」

葵さんをはじめとする本社の方々も、旅館運営ははじめて。だからこそスタッフと一緒に汗をかいて、みんなで盛り上げていこうとする気運が伝わってきました。

ところで葵さんも所属する(株)三春情報センターとは、どんな会社なのでしょう?

「神奈川県の横浜、鎌倉、横須賀を中心に不動産売買、賃貸仲介事業など展開しています。今では先に話した宿泊施設に加えて、スイーツやアパレルのショップもやっていて、地域とそこに住まわれている方の暮らしの全てをご提案することがモットーです。夏には鎌倉で海の家も運営していて、実は私、その海の家も任されているんですよ。」

海の家まで!でもみはるやでの経験も、役に立ちそうですね。

「いろいろな事業を手掛けている分、一人ではできないことばかりです。だからこそ上司や他部門などもすぐに協力してくれる社風なので、そういうところはみはるやで働くスタッフたちにも、だいぶ浸透してきたんじゃないかと。」

それだけ本社と一体となって運営されているということは、もしかして福利厚生は、みはるやで働くスタッフさんも本社の方も同じ条件ですか?

「はい、同じです。例えば本社が運営しているショップや宿泊施設の割引優待もありますよ。あとは社員旅行も。本社創業45周年の時には、みはるやスタッフも一緒に沖縄に行ったのですが、本社のみんなともすぐに打ち解けて、楽しんでいました。『50周年はみんなでハワイに!』と社長は意気込んでいます 笑」

本社とみはるやのチームワークの良さ、単なる上下関係ではない、アットホームな雰囲気が伝わってきますね。
今後やりたい事や、プロジェクトなどあれば教えてください。

「みはるやがあるこの伊豆熱川を、もっと盛り上げていければと思っています。
例えば地元のお祭りも運営されている取引先企業と連携して、ヨーヨー釣りなど地元の子供達が楽しめる場所を作っていきたいなと。
そしてお泊りの方だけでなく日帰りの方にも、もっともっと楽しんでもらえる熱川になってほしいですね。実はすでに、みはるやスタッフが実現に向けて動いてくれていますが。」

地域目線、スタッフ目線で自分たちの宿とその周りの環境を、少しでも良くしようと奮闘されている葵さん。
そのパワフルな姿に、良い影響を受けているみはるやスタッフも多そうです。

京都のラーメン屋さんから転身
今やみはるやの中心的な存在に

次にお話を聞いたのは、伊豆に来る前は自分のラーメン店を持たれていたという、ユニークな経歴をお持ちの塩見紗智さん。立地面などさまざまな問題から自店のあった京都を離れ、思い切って伊豆に移住したそうです。

「親族が住んでいた関係で伊豆に来てみたら、海も山もあり自然がきれいで、食べ物も最高、すっかり気に入っちゃって。そこで旅館やホテルの仕事をネットで探していたら、みはるやの前身だった宿泊施設が人を募集していたので、それに応募したのがきっかけです。」

その後運営会社が変わってからも、引き続き接客係を続けられた塩見さん。今のお仕事内容はどのようなものですか?

「接客はもちろん、フロント業務やネット予約の対応など、さまざまな仕事をやっています。最初は大変でしたが、同僚スタッフや、本社のWEB部門のサポートにも助けられながらなんとか。だいぶ自分のスキルも上がったように思います。」

売店に置いてあるお土産用のお香も、塩見さんチョイスだとか。

「はい、京都にいた経験を活かして、京都のお香屋さんに声をかけて実現しました。来月からは、私が企画したみはるやの刻印入りオリジナル最中も販売されるんです。地元のニューサマーオレンジを活かしたもので、本社のサポートも受けながら交渉や準備を重ねてきました。熱川に訪れる方が、みはるやの売店に立ち寄ってお土産を買ってもらえるような、そんな魅力ある品ぞろえができればと思っています。」

発想力だけでなく、実行力まで持ち合わせている塩見さん。これから売店も含めたみはるやのおもてなしがどう変わっていくのか、楽しみです。

本社から赴任した
頼りになるフロント係

2023年4月に本社の不動産部門から、みはるやに赴任された村山達紀さん。元々和室の落ち着いた雰囲気が大好きで、旅館業にも興味があったそうで、人事部に異動のリクエストを出していたそうです。

「元々自然とバイクが大好きで、バイク乗りには海と山があり最高な場所なんです。また、今の寮も落ち着く和室があり、温泉完備なので仕事の疲れもすぐ取れるんですよ。」と嬉しそうに話し出してくれました。

神奈川から単身で、初めての旅館業に不安はなかったですか?

「そうですね、最初は熱川に一人単身でやってきたので少し心細かったのですが、ここのスタッフの方たちが本当に優しくて、調理場の人たちや他のスタッフたちが声を掛けてくれて、優しく迎えてくれたので、すぐにこの職場に馴染むことが出来ました。今では調理場の人やスタッフとは、ほぼ毎日飲みに行っています。(笑)」

実際旅館の仕事をやってみてどうでしたか?

「仕事はフロントや接客など覚えることはたくさんありましたが、ここのスタッフはこだわりを持って、サービスを提供しているので料理だったら調理場から、お客様の提供の仕方を教わったり、接客係のスタッフからは、こう接したら嫌味がないよとか、不快に感じさせない話し方とか色々とアドバイスもらいながら、自分なりにトライ&エラーを繰り返しながらやってきました。旅館の仕事は、不動産の仕事の時と比べて、毎日違うお客様と接するので、変化があってすごく楽しいです。」

周りのスタッフにアドバイスをもらいながら、試行錯誤を重ね仕事に慣れてきた村山さん。この仕事をやってみて嬉しかったことなどありますか?

「以前足が不自由なお客様がいらした時に、お部屋や食事に行かれる際に、階段の昇り降りや、歩行の補助をさせて頂いたのですが、お帰りの際に『とても快適でいい宿泊になりました』と、感謝の言葉をもらった時は、そのお客様にとっていい思い出が出来たかのかなと、とても嬉しくなりました。今は大分仕事にも慣れてきたので、現場の課題や問題点など気づいたことは、本社にあげて、自分が橋渡しになって一緒に改善に向けて取り組んでいければと思っています。」

今後、みはるやでやりたいこと、実現したいことありますか?とお聞きしたところ、いの一番に、「みはるやの屋上を開放したいんですよ!柵の設置など安全対策をしなくてはいけないのですが、屋上からの海の景色が最高で、夜の満月の時は海面に浮かぶ月の灯り(ムーンロード)が幻想的でとても綺麗なんです。」

新しいところで働くとなると、つい頑張りすぎて疲れてしまうことも多いかもしれません。
でも、ここは穏やかな時間が流れる伊豆の地。
村山さんのように愛する自然に囲まれて、プライベートも充実させながら、心に余裕をもって仕事を覚えていくのも悪くないのかもしれません。

一人ひとりがそれぞれのやり方で、でも、お客さまや地域の人を楽しませたいという一つのゴールに向かって進んでいる、みはるや。
ときに自分が主役となり、脇役となり、伊豆熱川という舞台を盛り上げようと頑張っています。
あなたもこの宿で、新しい主役として働いてみませんか。

(取材・執筆:水元 勇)

もしもこの宿ではたらいたら?

働く仲間

村山達紀/男性 /30代/運営管理者

私も未経験でこの業界に飛び込んできましたが、お客様の期待を超えたときに見せていただく笑顔にやりがいを感じております。
未経験故に分からないこと、不安なこと沢山あるかと思いますが、バックアップは全力でさせていただきます!
ぜひ一緒に働けることを楽しみにしております。

私の暮らしのおすすめポイント

(S・S) /女性 /40代 /サービススタッフ

一人暮らしをしていますが、小さなスーパーマーケットが多々あり、地元でとれた新鮮な野菜や魚を買えること。海沿いの為毎日が絶景。温泉の名所がゆえに毎日温泉に入れる幸せは格別です。

私の休日の過ごし方

(S・S) /女性 /40代 /サービススタッフ

海沿いであり、かつ山の幸も堪能できる恵まれた環境なので、四季折々の地物を食べにドライブするのが趣味です。
美味しいものを食べてリフレッシュしています。

近隣情報

その他施設
郵便局(徒歩1分)
交通情報
伊豆熱川駅(徒歩2分)

自治体情報

基本情報

数字で見る

  • 平均残業時間

    30時間

  • 年間休日

    105

  • 平均勤続年数

    4

  • 年間有給休暇
    取得率

    20%

  • スタッフ数

    15

  • 男女比

    5 男性 : 5 女性

  • 外国籍の人数

    2

  • 平均年齢

    50.0

企業名
株式会社enjoy
企業所在地
〒4130302
静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本 971−1
施設名
伊豆熱川 自家源泉 おもてなしの宿 「みはるや 」
客室数
10室
従業員数
15名
従業員寮

近隣賃貸物件を1室単位で借上、従業員家賃15,000円

家賃補助
応相談
公式サイト
https://miharuya.net/
アクセス

よくある質問

面接はオンラインでも実施可能でしょうか?

はい、オンラインでの実施も可能ですので、メッセージにてご連絡ください。

車での通勤は可能でしょうか?

可能です。従業員の8割が車通勤となります。

未経験でも働けますか?

未経験者を多く採用しており、初めての方でも働きやすい環境です

share 記事をシェアする

RELATED ARTICLES 関連する施設